【2021年7月24日号】vol.20 イシダイ

えのすい」が教えてくれる

相模湾食べられる魚のお話

イシダイの口元に注目してみて!

“磯の王者”といわれるイシダイは、黒い縞(しま)模様と、細かい歯が重なり合って、鳥のくちばしのような形をした、硬い頑丈な歯が特徴です。
バリバリとサザエなどの巻貝や、ウニやカニなどの硬い殻をかみ砕いて食べることから、“石をも砕く丈夫な歯を持つ魚”といった意味で、石鯛と呼ばれるようになったといわれています。

“えのすい”では相模湾大水槽で展示していますので、さがしてみてください。
定置網で漁獲されるイシダイは、磯料理に欠かせない素材で、不漁時のために、いけすで蓄養して、出荷調整されるほど大切にされています。

ちょっぴり感じる磯の風味と、適度に脂がのって、コリッと歯ごたえのある刺身は絶品で、夏バテした食欲を復活させるおいしさです。
磯の高級食材が大好物でグルメなイシダイは、“おいしいものを食べる魚はおいしい”説を体現した代表格の魚です。


(新江ノ島水族館 えのすいトリーター  岩崎 猛朗)

 

新江ノ島水族館


TEL 0466-29-9960
藤沢市片瀬海岸2-19-1
https://www.enosui.com/
営業時間や内容についてはホームページで確認を

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。