【2020年10月10日号】六会~田園風景と日大のある地域~

藤沢市をエリアごとに紹介する「藤沢13地区めぐり」。
8回目は「六会地区」です。

 

 

西側には引地川、東側には境川が流れ、境川の対岸は横浜市。
境川沿いのサイクリングロードは鵠沼海岸から大和市下鶴間まで続く約20kmの自転車道です。

国道467号は、地区の南北を小田急線に並行して走っています。
国道沿いには野菜畑が広がり、田園風景が見られます。
キャベツやトマト、キュウリなどの栽培が盛ん。
また、西俣野地区の低地は水田が多い地域です。

「JAさがみ」の「わいわい市」では、新鮮野菜をはじめ、切り花、花苗など、地元生産者自慢の品が豊富に並びます。

わいわい市 藤沢店

 

日本大学生物資源科学部は、六会日大前駅西口側。
東京ドーム12個分の広大なキャンパスには、緑豊かな自然と最新の施設が共存し、生命・環境・自然・食料の分野を中心に、多くの学生が学び、先端的な研究が行われています。

日本大学生物資源科学部

 

 

歴史と地名

1889(明治22)年、町村制の施工により、亀井野・石川・西俣野・円行・今田・下土棚の六つの村が集まり、六会村になり、1942(昭和17)年に藤沢市に編入されました。
現在は町名に「六会」はありませんが、市民センターや公民館、小中学校の名に残っています。
小田急線の駅は1929(昭和4)年に六会駅として開設。
1998(平成10)年に六会日大前駅に改称されました。
境川の東西に位置する地区「俣野」の名の由来は、川をまたぐ地域であることとされ、平安時代後期、俣野郷の領主であった大庭一族の武将が俣野五郎景久を名乗ったと伝えられています。
現在「俣野」のつく町名のうち、西俣野が藤沢市に、俣野町と東俣野町は横浜市戸塚区にあります。

 

 

主な施設

■六会市民センター
 藤沢市亀井野4-8-1
 TEL 0466-81-6677

■六会公民館
 藤沢市亀井野4-8-1
 TEL 0466-90-0203

■六会市民センター 石川分館
 藤沢市石川1-1-22
 TEL 0466-88-5600

※休業などの場合もあります。詳細は問い合わせを。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。