【2021年3月13日号】片瀬~今も昔も江の島は藤沢の観光の中心地~

藤沢市をエリアごとに紹介する「藤沢13地区めぐり」。
最終回は、「片瀬地区」です。

 

 

江の島、片瀬海岸などは、藤沢市の観光の中心であり、全国的に知られるエリアです。

観光の歴史は、江戸時代の「江ノ島詣で」に始まります。
日本三大弁財天の江島神社や岩屋洞窟、稚児ケ淵などを巡るのが庶民に人気になりました。

江の島は、島の大部分が県指定史跡名勝です。
四季の花々が美しい「サムエルコッキング苑」、光と色のイルミネーションで彩られる「シーキャンドル」が訪れる人を魅了します。

江の島

 

江の島ヨットハーバーは、日本初の競技用ハーバーです。
景色の良い「さざえ島」や海釣り広場、タイドプール(潮だまり)など、開放的な雰囲気の遊べるスポットもあります。

江の島ヨットハーバー

 

新江ノ島水族館は、目前の相模湾を再現した、迫力ある大水槽や幻想的なクラゲ空間などに人気があります。

 

 

歴史と地名

江の島は、今から7~8万年前に大きな地形の変動により、海上に姿を現したといわれます。
縄文時代の住居跡、石斧(せきふ)や土器、石器などが発見され、古くから人が暮らしていたことが分かります。
「片瀬」の地名は一説に、太古の昔、海水が流れ込み砂浜が長く伸びて河口で潟を作っていたことから、潟瀬(かたせ)といわれたのが由来とされます。
奈良時代は「方瀬」、平安~鎌倉時代は「固瀬」と表記され、「片瀬」になったのは、室町時代の初めだったようです。
江の島に初めて桟橋ができたのは明治24(1891)年。
現在、人が渡るのは「江の島弁天橋」。
自動車用の「江の島大橋」は昨年、江の島方面行きが2車線に改修されました。

 

 

主な施設

■片瀬市民センター
 片瀬3-9-6
 TEL 0466-27-2711

■片瀬公民館 
 片瀬3-9-6
 TEL 0466-29-7171

■江の島ヨットハーバー
 江の島1-12-2
 TEL 0466-22-2128

■新江ノ島水族館
 片瀬海岸2-19-1
 TEL 0466-29-9960

※施設休業やイベント中止などの場合もあります。詳細は問い合わせを。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。