【2021年8月28日号】子どものお小遣いや金銭教育 いつどのように始めるべき?

幼稚園に通う子どもが「お友達がお小遣いをもらっているから私も欲しい」と言い出しました。
教育上どうするのがよいですか。

藤沢市・Bさん(34歳)
藤沢市・Bさん(34歳)

秋山友美
秋山友美

家庭の方針を決め、親子で一緒に学んでいきましょう

子どもの金銭教育のポイント

・ニーズ(必要なもの)とウォンツ(欲しいもの)を理解させる

・限られたお小遣いの範囲でやりくりを任せる

・足りなくなったときは、理由と対策を一緒に考える

・欲しい物を買うために「貯める」ことを教える。

 

お小遣いの金額や渡し方には、正解があるわけではありません。
お小遣いで何を買うのか(範囲)、渡し方は一定金額を一定期間で渡す「定額制」なのか、お手伝いなど子どもが働いた対価として渡す「報酬制」なのかなどによって異なってきます。
親子で話し合いをして一緒にルールを決めることが大切です。
そして見直しは定期的にしていく必要があります。

管理をする上では、数字の概念がないと難しいと思いますので、数字が分かるようになり、お子さんがお金に興味を持ったタイミングが金銭教育のスタートです。
参考までに「子どもとくらしとお金に関する調査 金融広報中央委員会2015年度調査」では、小学生の7割強がお小遣いをもらっていると回答しています。
お小遣いのもらい方や金額は学年によって異なってきますが、月に1度もらう場合で500円というのが最も多い回答でした。

お小遣いを活用した金銭教育の目的は、「お金には限りがあること(希少性)」を知ること、自分で選択・判断をして決定する力を養うことです。
目的を踏まえて、まずは、お子さんにどうなってほしいのかを考えて、ご家庭の方針を決めることが第一歩です。
そして、親も一緒に学んでいくものだと思います。

金融広報中央委員会のサイト「知るぽると」では、ダウンロードできる「おこづかい帳」を始め、多彩なコンテンツが準備されています。
ぜひ活用してください。

秋山 友美

ファイナンシャル・プランナー。
CFP(R)(一財)生涯学習開発財団認定コーチ。
「家計コーチ」代表。

藤沢市に開設した「湘南おかねの相談室」を拠点にFP相談・家計診断・パーソナルコーチなどを行い、ライフプラン・住宅取得・資産運用などの講師としても活動中。

相談受付中!

1カ月の家計簿と相談内容(詳細な家計簿なしで相談のみもOK)を書いて、ご応募ください!

 

関連記事

  1. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2020年4月11日号】ゆくゆくは住宅を購入したいけれど 家計簿が続…

  2. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2020年8月29日号】結婚して1年、家計簿をつけたことがなく夫婦別…

  3. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2019年9月28日号】毎月の家計がギリギリ 将来に漠然とした不安感…

  4. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2021年9月11日号】カードや電子マネーの使い方 子供に教えておく…

  5. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2020年6月27日号】夫が来年で定年退職 保険はもう不要でしょうか…

  6. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2020年8月8日号】いずれは住宅購入を希望 収入が減ったので不安で…

  7. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2021年5月15日号】楽しみながらお金を貯める方法を教えてください…

  8. 家計簿コーチング アイキャッチ画像

    【2020年6月13日号】ボーナスが減るかもしれません 家計の見直しは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。