【2020年11月28日号】84歳の義母が家事の手伝いも何もしてくれず、お迎えを待っているようで切ないです…。

かよ子ママの部屋 ” へようこそ。
今週は藤沢市の『魔女っ子サリーさん』(52歳)からのお悩みよ。

《迷える子羊からのお悩み》

84歳の義母と同居をしています。

義父を早くに亡くし、それから義母は趣味もなく働きづめ。

週4回のデイサービス以外は、リビングでずっとテレビを見ています。

家事の手伝いも言い訳をして何もしてくれません。

ご飯を待つだけの姿に私も主人も苛立っています。

担当医は穏やかでいいと言いますが、お迎えを待っているだけのようで切なくなります。

どう接したらお互い無理なく輝けるでしょうか?
かよ子ママの金言

何もしない……が幸せな場合もあるのよ。

お互いに輝くだなんて、お空の星にでもなるおつもりかしら?
お義母さんが先にお空の上で輝く日が日に日に迫っているんですから穏やかに過ごさせてあげれないものでしょうか?
お義母さんは、先立たれたお義父さんの分まで担って女で一人で頑張ってこられたんですから、心も体もすり減らして生きてきたんだと思うのよね。
本当に大変だったと思うの。
だから今はすべてから解き放されて一番幸せなんじゃないかしら?
ゆっくりできなかった若い時を取り戻してるように私は感じるわ。

……ということで、残り少ない人生くらいお義母さんの好きなようにさせてあげなさいな。
「何もしない」、「手伝ってくれない」ってイライラする前に、お義母さんの今まで歩んできた人生を考えてあげれたらイラつきもなくなると私は思います。
ご主人と二人でお義母さんの残り少ない平穏な日々を穏やかに過ごさせてあげて下さいませ。

姫川 かよ子

新宿二丁目で水商売デビュー後、新宿、関内、六本木で夜の蝶として活躍。
その後、しばしの休息を経て、夜の世界へカムバック。
藤沢の「秘密BAR 赤さそり」のママとして、夜な夜な活動中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。