【2021年9月11日号】共同経営のパートナーは、ミスが多く、反省の言葉の前に言い訳をします…。

かよ子ママの部屋 ” へようこそ。
今週は『ハムスターさん』(52歳)からのお悩みよ。

《迷える子羊からのお悩み》
小さな会社の経営者です。

共同経営しているパートナーは、ミスが多くその度に注意をするのですが、反省の言葉より前に言い訳をします。
言い訳の次は、確認しなかった私もいけなかったと訴えます。
発注先やお客様にもご迷惑をお掛けしてしまうこともあります。
どのような伝え方をすれば、仕事に対する姿勢を改めてもらえるでしょうか?
かよ子ママ
かよ子ママ

共同経営でうまくいった人はいないわよ
お別れするなら早いうちよ!

 

あら、やっちゃったのね、「共同経営」。
はっきり言うわよ、トップは一人じゃないと必ずトラブルわよ。

私も経験してるから言うけど、お互いに自分が一番だと思っているんじゃない?
あなたが代表者ならなぜ強く言えないのかしら?
上下関係が曖昧なんじゃない?

私の場合はパートナーが資金を出して、営業面は私が数字を作るってスタイルで、最初はうまくいっていたけど、だんだんお互いの我が出てきて最後は大げんかよ。

私から身を引いたわ。
数字を出すんだから私が一番と思い、パートナーは資金を出したのは俺なんだから俺が一番なんだと、お互いが一番を競い合い駄目になったのよね。

あなたがパートナーに間違いを指摘しても逆ギレされるようでは、お互いに一番と思っているからうまくいかないわ。
上下関係をはっきりさせないと。
それができなきゃビジネスパートナーを解決するしかないでしょう。

はっきり言うわよ、今まで共同経営でうまくいった人を見たことありません!

お別れするなら早いうちよ!

姫川 かよ子
新宿二丁目で水商売デビュー後、新宿、関内、六本木で夜の蝶として活躍。
その後、しばしの休息を経て、夜の世界へカムバック。
藤沢の「秘密BAR 赤さそり」のママとして、夜な夜な活動中。

かよ子ママへの相談 募集中
仕事の悩み・恋愛・人間関係など…。
人生に迷っているあなた。
人生経験豊富な“かよ子ママ”に相談してみませんか?

ご応募お待ちしてるわ

関連記事

TOP