【2021年9月25日号】vol.22 ニザダイ

えのすい」が教えてくれる

相模湾食べられる魚のお話

尾柄部の三本の縞模様が特徴です

名前に“タイ”と付きますが、まだ意図は似ても似つかない姿形の“あやかり鯛”です。
触ってみるとざらついた灰色の体表が印象的な魚ですが、尾柄部に医療用メスのような鋭い棘(とげ)を隠した、三本の黒い縞(しま)模様があることから、別名「三の字」と呼ばれています。
江の島周辺でよく見かける代表的な磯魚で、目立つ姿ではないものの、スピード感のある泳ぎが魅力的な、相模湾大水槽に欠かせないメンバーです。

そのお味は、とても鯛にはあやかれない磯臭さという噂がある一方、新鮮なうちに内臓を傷つけずにさばけば、とてもおいしいという噂も聞かれます。
噂の真相はいかに!

新鮮なニザダイを刺身で食べてみたところ、引き締まった身と淡泊な味わいは「御の字」で、鯛に“あやかる”までもない極上の旨(うま)さ!

数ある“あやかり鯛”の中でも三本指に入ること間違いなしのおいしさでした。


(新江ノ島水族館 えのすいトリーター  八巻 鮎太)

 

新江ノ島水族館


TEL 0466-29-9960
藤沢市片瀬海岸2-19-1
https://www.enosui.com/
営業時間や内容についてはホームページで確認を

関連記事

TOP