【2021年9月11日号】今宮(雪ノ下)は三天皇が御祭神の鶴岡八幡宮境内末社です

鎌倉幕府3代将軍源実朝の死去後に朝廷と幕府の関係が悪化。
承久3年(1221)5月に後鳥羽上皇の朝廷側と幕府の戦い「承久の乱」が起こり、幕府が勝利します。
乱後に後鳥羽院は隠岐、順徳院は佐渡、土御門院は土佐に流されます。
後に幕府は、三天皇の御霊をなだめるために今宮を創建。
近年に台風被害が有り、令和3年5月に新御社殿竣工祭、6月3日には遷座祭が行われました。

新しく竣工された「今宮」。

今宮
鎌倉市雪ノ下3-1-31
JR横須賀線・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩15分

承久の乱から今年で800年。『吾妻鏡』の記述より

義経追討の院宣(上皇の命令)に対する北条政子の大演説

今宮の御社殿前の鳥居

「皆、心を一つにして聞くように、是が最後の言葉です。頼朝公が朝敵を討伐し、鎌倉幕府を開いてからは官位と俸録を頂きましたね。山よりも高く、海よりも深い恩に報いるのは今です」と御家人達に呼びかけました。
武家が朝廷に背く原因は上皇が御寵愛(ちょうあい)の舞女亀菊の申請に応じて2度も理不尽な院宣を下され、義時が承諾せず、上皇がお怒りになったためでした。

 

後鳥羽上皇の崩御後に不吉な事が続いて…

幕府の中心武将の死等が続きました

後鳥羽院が延応元年(1239)2月、隠岐で崩御すると同年の12月鎌倉の有力武将・三浦義村が瀕死、仁治3年(1242)6月には北条泰時が高熱に苦しみながら亡くなったといいます。
また地震で山崩れがあり、また津波、大風雷鳴が続きました。
そこで幕府は宝治元年(1247)4月25日に鶴岡八幡宮乾(いぬい=北西)の山麓に後鳥羽院の御霊を勧請して祀(まつ)り創建されたのが今宮です。

 

お宮の後ろの六本杉の話

今宮の御社殿の後ろに杉の大木がありました。
この杉は天狗の栖(すみか)だとか、杉の辺りで光る物を見たという話が伝わっています。
幹が六本に分かれた珍しい形で六本杉と呼ばれていましたが、現在は既にありません。

 

かん治さん

「鎌倉検定は1級で お酒は2級を飲んでいまして、プレゼントをいただきますと喜んでサンキュウと言っています」がお決まりの自己紹介。
「鎌倉ガイド」としても活躍する湘南通のアマチュア落語家。

関連記事

  1. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2019年9月28日号(創刊号)】湘南の歴史ある寺社巡り紀行 北鎌倉…

  2. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年2月8日号】菅原道真公が御祭神 荏柄天神社は梅の名所

  3. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年2月27日号】常立寺(片瀬)は 枝垂れ梅の名所です

  4. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年4月24日号】白旗神社(藤沢本町)は藤の花の名所です

  5. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年3月27日号】源氏山公園は桜の名所です

  6. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年9月12日号】鵠沼海岸地区住民の要望で 創建の「鵠沼伏見稲…

  7. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年9月25日号】和田氏と北条氏の武力抗争 「和田合戦」の発端…

  8. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年6月13日号】北条氏の家紋や新田義貞鎌倉 攻めに見る湘南の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。