【2020年8月8日号】明治~藤沢の新しい魅力が集まるまち~

藤沢市をエリアごとに紹介する「藤沢13地区めぐり」。
6回目は「明治地区」です。

藤沢 明治地区

 

 

JR辻堂駅北側のエリアで、湘南C-X(シークロス)の開発により、藤沢の新しい魅力に出会えるまちになりました。
テラスモール湘南をはじめとしたショッピング施設のほか、公共施設も集まっています。

歴史と文化に目を向けると、この地区には大山道道標や鳥居などが残り、また、藤沢市の教育施設の先駆けとなった耕余塾⦅こうよじゅく⦆がよく知られています。
ここから吉田茂を筆頭に、政治・実業・教育などの各界に多数の人材を輩出しました。
耕余塾の跡は市指定史跡です。

耕余塾の跡
耕余塾の跡

 

芸術の分野でも、藤沢市藤澤浮世絵館、藤沢市アートスペースの2つの施設がそろっています。
どちらも気軽に芸術に親しめると、市民に人気です。

藤沢市アートスペース企画展「木目(きめ)をつくる」
藤沢市アートスペース企画展「木目(きめ)をつくる」(2019年)

 

 

歴史と地名

「明治地区」と呼ばれるのは、明治22(1889)年に、辻堂村、大庭村、羽鳥村、稲荷村が合併し「明治村」となったことによるといわれています。
ちなみに、この時代には全国に多数の明治村があったようです。
「羽鳥」の由来は、昔の機織り(はたおり)の一族ハトリベが住んでいたから、また、鶴が飛来していたことから名づけられたなどの説があります。
かつて羽鳥は大山詣での人々でにぎわい、参詣客が地域の子どもたちにお金を与えるなど、教育上好ましくない状況が見られたそうです。
このことを憂いた村名主の三觜八郎右衛門が東京の学者・小笠原東陽
を招いて開いたのが「耕余塾」の始まりといわれます。

 

 

主な施設

■明治市民センター
 辻堂新町1-11-23
 TEL 0466-34-3444

■明治公民館 
 辻堂新町1-11-23
TEL 0466-34-5660

■藤沢市アートスペース 
 辻堂神台2-2-2
 ココテラス湘南6階
TEL 0466-30-1816

■藤沢市藤澤浮世絵館
 辻堂神台2-2-2
ココテラス湘南7階
 TEL 0466-33-0111

※休業などの場合もあります。詳細は問い合わせを。

 

 

関連記事

  1. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2021年2月13日号】善行~市のほぼ中央部、坂の多いまち~

  2. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年10月10日号】六会~田園風景と日大のある地域~

  3. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年4月11日号】村岡~自然と歴史が身近にあるエリア~

  4. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年12月12日号】湘南大庭~緑豊かな湘南ライフタウン~

  5. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年7月11日号】御所見~自然豊かな市北西部エリア~

  6. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年11月14日号】長後~歴史と自然、藤稔誕生の地~

  7. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2021年1月16日号】遠藤~里山の自然が残るエリア~

  8. 藤沢13地区めぐり タイトル

    【2020年6月27日号】辻堂~海岸と2つの大きな公園~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。