【2022年3月26日号】vol.28 カサゴ

えのすい」が教えてくれる

相模湾食べられる魚のお話

水槽の岩とそっくりな色や形です

岩陰に身を隠し、前を通る小魚やエビ、カニなどの甲殻類を一瞬で丸のみにして食べる性質のカサゴは、目の前にエサを落とすと簡単に釣れることから、初心者の釣物として人気です。

実は、仔魚(しぎょ)を生む胎生の魚で、早春にかけて出産シーズンを迎えます。

刺身や塩焼き、煮付けで食べるほか、三枚おろしのあとに残る頭と中骨からは、武骨な見かけによらず、上品でおいしいだしが出ます。

あらは捨てずにみそ汁や炊き込みご飯のだし汁に使うのがおすすめ。

また、丸ごと唐揚げにすると、パリパリとした香ばしいヒレや皮と、うま味が詰まったふわふわした身のハーモニーが味わえます。

相模湾大水槽で飼育しているカサゴは、周囲の岩とそっくりな色や形で逆さになっていることもしばしば。

眼と口が大きくて愛嬌(あいきょう)があるかわいい魚なので、見逃さないように水槽の中をよく探してみてください。

(新江ノ島水族館 えのすいトリーター 岩崎 猛朗)

新江ノ島水族館


TEL 0466-29-9960
藤沢市片瀬海岸2-19-1
https://www.enosui.com/
営業時間や内容についてはホームページで確認を

関連記事

TOP