【2019年11月23日号】源頼朝の挙兵は 文覚上人のある行動から…

頼朝の父・義朝は平治の乱で敗れ亡くなりますが、平清盛は母の池禅尼の嘆願で頼朝の命を助けます。
「“いず”れに流そうか」
「伊豆(いず)へ流せ」
と頼朝は伊豆に島送りになります。

その20年後に文覚(もんがく)上人の勧めで頼朝は平家討伐に挙兵します。 

 

 

盛遠と袈裟御前

大御堂橋そばの石碑
大御堂橋そばの石碑

大御堂橋そばの文覚上人屋敷迹の碑には
「文覚は昔、遠藤盛遠という武士」
とあります。
友人の源渡(みなもとのわたる)の妻・袈裟御前(けさごぜん)に思いをよせ、ある夜、源渡の寝所に忍び入り布団の上から刀で斬りつけると、そこには袈裟の亡き姿があった。

落語では斬りつけると布団の中にはおひつに入ったご飯が。
「しまった、今朝の御膳か!」

 

鎌倉の補陀洛寺と成就院

材木座・補陀洛寺
材木座・補陀洛寺

材木座の補陀洛寺(ふだらくじ)は頼朝開基、文覚開山の寺院で、平家滅亡時の総大将平宗盛が最後まで持っていたと伝わる平家の赤旗があります。

極楽寺坂上の成就院の境内にはブロンズ像の「文覚上人荒行像」が安置されています。

成就院 「文覚上人荒行像」
成就院 「文覚上人荒行像」

 

落語「源平盛衰記」

文覚も後白河法皇により伊豆に流されていて、髑髏(どくろ)を3個持って頼朝に会いに来ます。


文覚「これが貴方の父上の髑髏だ。
   平家を討伐して、父上の敵討ちを」

頼朝「しかし、何故3個もあるのだ」

文覚「小さいのは父上のご幼少の頃、
   中くらいのが元服の折、
   大きいのが亡くなった時のものだ」

頼朝「……」

 

 

かん治さん

「鎌倉検定は1級で
 お酒は2級を飲んでいまして、
 プレゼントをいただきますと喜んでサンキュウと言っています」
がお決まりの自己紹介。
「鎌倉ガイド」としても活躍する湘南通のアマチュア落語家。

関連記事

  1. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年6月13日号】北条氏の家紋や新田義貞鎌倉 攻めに見る湘南の…

  2. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年2月8日号】菅原道真公が御祭神 荏柄天神社は梅の名所

  3. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2019年9月28日号(創刊号)】湘南の歴史ある寺社巡り紀行 北鎌倉…

  4. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年4月11日号】鎌倉・片瀬・辻堂 西行法師ゆかりの史跡めぐり…

  5. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2019年11月9日号】遊行寺の「延文の鐘」 その「鐘の音」は?

  6. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年11月28日号】二伝寺(渡内)は 玉縄城の砦として創建

  7. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年4月24日号】白旗神社(藤沢本町)は藤の花の名所です

  8. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年7月10日号】江ノ島湘南港築港とオリンピック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。