【2020年1月25日号】「馬入川(ばにゅうがわ)」の 呼び名の由来は?

国道1号線の馬入川は相模川河口の呼び名。
ここにかかっている橋が馬入橋です。
そこから茅ヶ崎方面へ約2㎞行くと国指定史跡「旧相模川橋脚」があります。
橋脚は大正12年(1923)9月の関東大震災で突然水田の地中から出現しました。
この橋は建久9年(1198)の12月に源頼朝の家臣で武蔵の国を治める稲毛重成が、亡き妻(北条政子の妹)の供養のために架けた橋といわれています。

 

 

源頼朝の馬が突然川に入り頼朝が落馬したという伝説

馬入橋
馬入橋

その「橋供養式」に参列した源頼朝の乗る馬が突然暴れだし、川に入り込んだことから、この辺りの相模川を「馬入り川」と呼び、やがて「馬入川」と呼ばれるようになりました。

また、一説にはこの時に頼朝が義経らの亡霊を見て発病したといわれ、翌正治元年(1199)1月13日、53歳で亡くなりました。

 

 

馬入橋から約2kmにある国指定史跡

旧相模川橋脚
旧相模川橋脚

旧相模川橋脚は、歴史学者・沼田頼輔博士が『吾妻鏡』に基づき、重成が架けた相模川の橋脚と考証し、大正15年(1926)国の史跡に指定されました。

橋脚は檜の丸材で直径約60㎝前後、橋幅は約8~9m、長さは40m以上ある橋であったと推測されています。
現在は橋脚7本(他に地中に3本確認済)が見られます。

 

 

“頼朝落馬地”の史跡説明文

“頼朝落馬地”の史跡説明文
辻堂駅南口付近

頼朝落馬地の史跡説明文は辻堂駅南口近くにあり、『保暦間記』(ほうりゃくかんき)に

「建久九年の冬、右大将(頼朝)殿相模川の橋供養に出で、還らせ給ひけるに、八的ヶ原という所にて、亡ぼされし、源氏・義広、義経、行家已下の人々の怨霊現じて、将軍目を見合せり」

と記され、八的ヶ原(やまとがはら)とは辻堂の地を指しているとあります。

 

 

落語「源平盛衰記」

頼朝が後白河法皇から院宣をいただき、木曽義仲追討の場面です。
頼朝の愛馬の中でも名馬2頭は、佐々木高綱が「生唼(いけづき)」を、梶原景季が「摺墨(するすみ)」をそれぞれ頼朝から拝領して、宇治川合戦で先陣を争った話は有名です。
どちらが先陣を取るか馬券売りが出て来まして、「朝廷の御綸旨」をいただいたものですから、「これが最初の天皇賞だ…」。

 

 

かん治さん

「鎌倉検定は1級で
 お酒は2級を飲んでいまして、
 プレゼントをいただきますと喜んでサンキュウと言っています」
がお決まりの自己紹介。
「鎌倉ガイド」としても活躍する湘南通のアマチュア落語家。

関連記事

  1. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年3月27日号】源氏山公園は桜の名所です

  2. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年5月29日号】北条義時の法華堂跡(西御門)

  3. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年5月30日号】白旗神社(藤沢)のご祭神・ 源義経の伝説とは…

  4. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年8月7日号】「長谷寺(長谷)」の四万六千日

  5. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年2月8日号】菅原道真公が御祭神 荏柄天神社は梅の名所

  6. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2021年4月10日号】妙本寺(大町)は比企一族の邸跡に創建

  7. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年3月28日号】大庭城址公園に残る 古代(縄文~平安)の集落…

  8. かん治さんの歴史探訪 タイトル

    【2020年9月12日号】鵠沼海岸地区住民の要望で 創建の「鵠沼伏見稲…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。